闇金 取り立て 手口

闇金の取り立て手口の対処方!

闇金の取り立て手口の対処方!

ヤミ金取り立て01

 

闇金の取り立て手口はこうだ!闇金にも様々な種類があるように闇金の取り立て方にも種類があります。悪質な闇金の取立から逃げる方法が知りたい方はコチラをみてくださいね!

 

ヤミ金の種類について

ヤミ金取り立て02

 

ヤミ金の種類は数多くあり業者によって細かいところも違ってきますが、大きく分けるといくつかのパターンが現れてきます。

 

代表的なものを解説してきますね。

 

違法な高利貸

ヤミ金のスタンダードな形で、利息制限法を超える金利で貸付けをする非合法の金融会社がこれにあたります。
トサン(10日で3割)はまだ良心的で、近頃はトゴ(10日で5割)やトシチ(10日で7割)での貸付け、強引な取り立てを行う業者です。

 

090金融

ヤミ金への連絡先が携帯電話の番号しかない業者です。貸金業を営むには固定電話の登録がいるので、代表者番号などが携帯番号しかなければ間違いなく闇金業者として扱われます。
店舗や事務所がなく違法に入手した携帯を利用して営業しているので連絡先が変わりやすく、警察も対処しにくいヤミ金になります。

 

パチンコ金融

パチンコ屋の周辺をうろつき負けている人に声をかけて貸付けをするヤミ金で、お金を貸して短時間で回収する業者です。
パチンコに勝てば勝ったお金から返済。負けてしまったらコンビニやATMでお金を引き出して返済するか、街金からお金を借りて支払うことになります。
悪質なヤミ金と連携してお金を返せない人に高金利で貸付けを行う業者もいるので注意が必要です。

 

競馬金融

競馬だけじゃなくオートレースや競艇、競輪といったギャンブル施設に現れるヤミ金で、1レース単位でお金を貸し付けて回収します。
レース予想が外れてしまえば、キャッシングATMに直行することになるでしょうね。

 

買取り屋

クレジットカードのキャッシング枠を現金化するといい、例えば10万円の商品を買わせて8万で業者が買い取るといった手口です。
購入する商品は人気家電のほか、チケットであったりデパートやカード会社発行の金券などで、買い取りをする金券ショップもヤミ金業者の仲間であることも。
販売店とグルになって指定の商品を購入させて、商品を受け取りをしないまま店からの連絡でヤミ金業者がお金を支払うケースもみかけられます。即金が手に入ると喜ぶのもつかのま、後日購入金額を返済できなければブラックリスト直行の手口です。

 

携帯買い取り

名前そのままの通り最新の携帯電話やスマートフォンを契約させて買い取りをすると持ちかけてきます。「融資のために信用をつまなくちゃいけない」「購入費や通話料はこっち(ヤミ金業者)で負担する」なんてウソをついて買わせた後に二束三文で買い取ったり、携帯やスマホを送らせておいて後は業者に一切連絡できなくなる被害が多く報告されています。

 

口座買い取り

銀行や信用金庫などの口座を買い取る手口です。使っていない口座の買い取りの他、新規に口座を開設させて買い取る手口ですが、ヤミ金に引き取られた口座がまともな方法で使われるわけないですよね。

 

キャンセル料詐欺

融資を申し込んでからヤミ金だと気づいてキャンセルするとキャンセル料や手数料といった名前で高額の請求をしてくる手法です。実際に貸付けをしなくてもヤミ金にお金が手に入るので、相談件数が増加しているヤミ金の手口になっています。

 

押し貸し

融資を申し込んでなくても口座に振り込んだとして返済させる方法で、押し貸しは過去にヤミ金に借りた被害者であることが多く、名前や住所のほか電話番号や口座番号まで知られているためにヤミ金から再び狙われることになります。

 

近頃のヤミ金の手口

近頃はスマートホンやタブレットの普及でヤミ金もネット上で「ブラックでも貸します」「任意整理後でも大丈夫」「独自審査で即日融資」なんて甘い言葉で被害者を引き寄せて違法な金利で融資をしたり、申し込んだ後にキャンセルするとキャンセル料を請求して強引に取り立てる手段が活発に行われています。

 

闇金業者はさまざまな方法で荒稼ぎを狙うため、法制度が整っていないために警察が対処しづらいグレーゾーンをよう利用してくるので一見普通そうな消費者金融にまぎれて営業しています。

 

ヤミ金は金を回収するために連絡先を教えて欲しいと言ってくる

ヤミ金取り立て03

 

ヤミ金は金を回収する方法として本人への連絡先以外に、家族や親、親戚のほか会社への連絡先を聞いてきます。

 

家族や子ども、同僚や上司にヤミ金にお金を借りたなんて知られたくないですよね。

 

ヤミ金融はそんな気持ちを利用して、融資の申し込みの際には勤務先や保証人として被害者の周辺の人々の情報を集め、取り立て時に脅しに使ってきますからヤミ金相手に自分の連絡先を言わないようにすべきですね。

 

ヤミ金の取り立て手口

ヤミ金取り立て04

 

ヤミ金の取り立て手口を説明していきます。

 

一言で言ってしまえば「脅して奪う」手口が主流。

 

闇金業者は国や県に登録もしないで違法な金利で稼いでる違法集団なので、法的な取り立て方法に頼ることは出来ません。

 

そのため借りた本人に深夜・早朝をとわず電話をして寝る時間を減らしたり、仕事先に連絡してきたりと返済を迫るプレッシャーを絶えずかけて取り立てしてきます。

 

男性・女性を問わず会社・パート先に電話をされると出世に影響したり辞めさせる可能性考えられるし、家族がいれば旦那・奥さんにバレる前にお金で解決しないとマズい。あなたの知らない間に連絡先に書いた両親や兄弟に取り立てすることも考えられます。

 

近頃はドアに張り紙や物を壊すと警察がすぐに動くので直接住まいにヤミ金がやってくることは減りましたが、家の前にあらわれて「借りたお金は返済しろ」と騒いだり、「あなたの子どもはかわいいね」などと言って子供の身に危険があると脅すような事態だと近所トラブルと判断されることも多く、警察が対処してくれない方法をとってきます。

 

じゃあヤミ金の取り立てにはどのように対応すればいいのかを次項で説明します。

 

ヤミ金の取り立てと対決!

ヤミ金取り立て05

 

ヤミ金の取り立てと対決するにはなにより毅然とした態度が重要。闇金業者は弱気な対応をすると調子づかせるダケ。

 

  • 違法な業者にお金は払わない
  • ヤミ金とは縁を切る決意を持つ
  • 電話でハッキリ断る

 

などの強気の対応をすることで、「こいつからお金は取れないな」と思わせること。

 

強気な相手には元金さえ回収できれば、取り立てできない相手にムダな時間をかけたくないと手を引くヤミ金業者も多いんです。

 

でもヤミ金業者に強く断るのは執念深く嫌がらせをされそうで怖いですよね。あなた自身でヤミ金業者の対処ができなければ専門家に相談することをオススメします。

 

ヤミ金に対処できないときは専門家へ

ヤミ金取り立て06

 

ヤミ金に自分では対処できないなら専門家に対処方法を相談してみましょう。

 

解決実績の豊富な弁護士や司法書士に相談することで、あなたの状況に最適な対応をアドバイスしてもらうことが出来るうえ、そのまま依頼することで解決まで依頼することも可能。

 

ヤミ金解決のノウハウがある法律事務所や法務事務所の手にかかればあなたはもうヤミ金融の取り立て電話も出なくていいし、最短で即日解決も夢ではありません。

 

注意しないといけないのは闇金対応の弁護士事務所や司法書士事務所に駆け込むこと。

 

経験のない弁護士司法書士に頼もうとしても断られるのが落ち。

 

依頼を断られても諦めずにネットなどで検索や法テラスなどに電話すれば、必ずあなたのことを助けてくれる専門家は見つかりますよ。

 

また犯罪者相手なんだから警察に相談すればと思うかもしれませんが、警察署に行くときは「ヤミ金への被害届を出しに来ました」と伝えましょう。

 

相談というだけでは簡単なアドバイスをされて追い返されてしまうかもしれませんから、「警察には被害届け」と覚えておいてくださいね。

 

ただヤミ金に1度関わると時間が経ったあとにも再び狙われることがありえます。

 

忘れた頃にヤミ金から取立の電話が来たら

ヤミ金取り立て07

 

押し貸しの時に解説しましたが、ヤミ金に個人情報が知られてしまうと忘れた頃に取立ての電話がかかってくることも。

 

覚えのない返済要求をされたら警察へ通報すると言いましょう。

 

念のために銀行口座に心当たりのない振り込みがないかも確認しとくべき。

 

できればヤミ金業者への振り込みに利用した口座は解約し別口座を開設しておくと押し貸し対策になりますよ。

 

まとめ

 

近頃はヤミ金も客が少なくなったようで、どんな手口を使っても被害者から金を搾り取ろうとするのがヤミ金の手口!

 

ただヤミ金業者のやり方は許せませんがヤミ金から金を借りる行為にも問題があります。

 

ヤミ金に借りようとしたあなたの軽率な行動にも責任があのは確かですから、普段からの行動を反省すべき。

 

二度とヤミ金からの取り立てをされないためにも、1度生活を見直してムダな出費をしてないか確認してみましょう。