闇金をキャンセルしたらどうなるのか?

hito

普通の消費者金融だと思って電話で融資を頼んだら会話のやりとりに不安を感じてキャンセルした。

 

しかし、相手の業者は悪質な闇金だったためキャンセル料の請求をしてきた。

 

契約書も交わしていないのに暴力的な態度でキャンセル料や迷惑料などといってお金を請求されていませんか?

 

間違っても闇金業者にお金を支払ったりしてはいけませんよ。

 

違法なヤミ金は、無理矢理にでもあなたにお金を貸して骨の髄までとことん利益をむさぼります。

 

闇金相談

 

 

あなたが一度でも闇金を利用しようものなら、ご丁寧に営業の電話をかけてきたりもします。

 

最悪の場合には、あなたの口座へ頼みもしないのにお金を振り込む「押し貸し」をおこなってきたりもするのです。

 

「金を振り込んでおいたから利息と元金を持ってこい」もちろん利息と手数料は天引きされた金額です。

 

闇金は、あなたの弱みにつけ込み心理的に追い込んできます。

 

金利が安い・即日融資・ブラックでもOK!・多重債務でも融資OK!などにだまされてはいけません。

 

安易に電話で問い合わせなどすれば闇金の思うつぼ、十分注意して下さい。

 

だいたい、そんなゆるい金融業者が存在するわけも無いのですからね。

 

もしも、闇金を利用してしまったならすぐにでも闇金を断ち切り解決しなければなりません。

 

闇金に対応している警察署の生活課や闇金に対応している弁護士・司法書士などの闇金相談を利用しましょう。

 

 

闇金キャンセルの対処

 

hito

闇金だと気がつき、慌てて闇金からの融資をキャンセルしてもあなたの電話番号が闇金の手もとにあるかぎり闇金がそのまま引き下がることは無いでしょう。

 

あなたの携帯電話に執拗に電話をかけてきてお金を借りるように迫ったりキャンセル料を請求してきます。

 

このような状況になってしまった場合は、すぐに闇金被害に対応した専門家へ相談して下さいね。

 

お金が必要な場合に消費者金融などからお金を借りる人もいる一方で、ヤミ金などからお金を借りて困っているという人もいることだと思います。その人たちの数が意外に多いのも事実ですね。

 

そのようなヤミ金とよばれる業者のなかには悪質な取立てや嫌がらせなどを平然とおこなう会社もあります。なかには恐喝まがいの方法で違法な借金の取立てや押し貸しをしている業者もあります。

 

こうした違法なヤミ金業者に対処する方法としてまず大切になるのが自分がお金を借りている相手がヤミ金業者に該当するのかどうか、しっかりと確認をすることです。

 

ヤミ金に該当するのかどうかは、いくつかの条件にあてはめてみればわかります。

 

 

まずヤミ金業者の代表的なものとしてあげられるのが、貸金業の登録をしていないのに、お金を貸している会社があげられます。

 

自分がお金を借りている業者が登録もしていないのにお金を貸している場合については、違法な行為になります。

 

このような場合では、金銭の貸し借りの契約自体が無効となり支払い義務が不要となります。

 

 

また、貸金業の登録をしている会社であってもヤミ金業者に該当するという場合もあります。

 

それは法律で定められた金利の上限を超えて、貸した相手から金利を取り立てているというような場合です。

 

お金を借りたときに課せられる利息の上限を定める法律は出資法という法律があります。

 

この法律では年29.2パーセントを超える金利を取っている場合は、刑罰の対象となることが定められています。

 

 

違法な金利は当然のことながら、法律上も無効なものとなります。

 

無効な契約にもとづく金利は支払いの義務などは当然ありませんので、そのような金利の取立てをおこなっている業者などの場合は、警察に連絡をしたり弁護士に相談をすることが有効な手段となります。

 

警察の場合は、警察署の生活安全課を訪ね、闇金被害にあったのだとしっかり伝えましょう。

 

警察は闇金のキャンセル被害など闇金被害の相談所ではありません。