闇金 銀行口座凍結

闇金と銀行口座凍結

ヤミ金と銀行口座凍結

闇金と銀行口座凍結の関係についてご存じでしょうか?

 

銀行口座凍結とは、その口座を使用しての振込など、取引ができなくなることを意味します。預金や引き出しができなくなり、お金の出し入れができなくなる状態を銀行口座凍結と呼びます。

 

ヤミ金が理由で銀行口座凍結されるケースには理由があります。

 

それは、自分の口座がヤミ金の取引に利用されていた場合ということがあります。

 

yamikin-soudan

 

ヤミ金業者はできるだけ、自分の手を汚さずリスクを最小限にとどめながらお金を貸しそして回収します。そのため、ヤミ金業者に口座番号が伝わると、その口座を介して他人との振り込みに利用され、その口座がヤミ金の取引に利用されていたとわかると、銀行側で口座の凍結を行われてしまいます。

 

また、ヤミ金のお金の出し入れを防ぐために口座凍結をするという方法でも口座凍結は利用できます。これは、ヤミ金を利用する場合は多くの場合、返済は指定の銀行口座への振り込みを行います。

 

 

もし不正にあった場合には、その口座を凍結することでお金の流出を食い止め、逃げられなくすることが可能になります。但し、口座凍結は個人で行うことはできないため、弁護士や司法書士などから口座凍結を依頼してもらうという手続きを行う必要があります。

 

これは、犯罪利用口座などに関する資金の被害者回復分配金の支払い等に関する法律によって、口座凍結を請求することができるようになっています。その為、取引している業者がヤミ金と分かった場合は、資金が回収できるように口座凍結することも手となっています。

 

闇金被害の拡大を防ぐためにも十分注意し、弁護士・司法書士・警察など早期に相談し解決しましょう。