ヤミ金 返済義務

ヤミ金への返済義務

ヤミ金への返済義務について

ヤミ金への返済義務はあるのか無いのか?

 

違法な闇金への返済は、元金も含めて返済義務はありません。

 

しかし、それはわかっていても厳しい取り立てが怖いとか借りたお金は返さなくてはと深みにはまれば、闇金の思うつぼです。

 

ヤミ金から借りた場合の返済義務についての話にになりますが、通常借りた金は返さなければいけないというのが社会の常識です。

 

しかし、それが当てはまらない状況も存在していて、それがヤミ金から借りた場合です。

 

yamikin-soudan

 

闇金融から借金をしてしまえば、当然ヤミ金から返済の要求が強くされることになり、何とかして払ってもらおうとあの手この手と手段を講じてきます。これにより恐怖心を持ってしまって、返済をするのはヤミ金の思うつぼとなります。常に闇金側では心理的に追い込みをかけようとしてくるのです。

 

 

そもそも、ヤミ金から借りたお金に返済義務はありません。

 

なぜなら、出資法違反を犯しているからです。

 

 

出資法とは金利は29.2%以上にしてはいけないというもので、それを分かっていて高金利でお金を貸して返済を要求しているので明らかに違法です。基本、元金も含めて返済義務が生じることはないです。

 

しかし、返済義務がないからといって、ただ考えもなしに無視をすることも、自分で返済しないということを伝えても、事態から解放されることにはならないです。そんなに闇金は甘くありません。たいていの場合、必要な取り立てや嫌がらせが待っています。

 

 

ヤミ金というのは、出資法違反を犯しているということが、分かったうえでお金を貸して返済を要求してくるので、簡単に引き下がってはくれません。それなので、ヤミ金から解放されるためには、弁護士や司法書士に相談することが必要になります。

 

そうすれば、速やかにヤミ金との間に入ってくれ、あなたのヤミ金の悩みを最適な方法で解決への道へと進んでくれるでしょう。

 

 

ヤミ金も告訴や告発や逮捕などをされては、もう営業することができないという、恐怖心を感じているので、弁護士や司法書士に間に入られると、対抗ができなくなります。その結果、事態の収束ができることになります。

 

借りやものは返さなければと深入りしてしまえば、借金地獄からいつまでたっても抜け出すことができなくなってしまいます。闇金相談が早ければ早いほど、解決も早くなります。一刻も早く、闇金に対応した弁護士・司法書士に相談しましょう。