闇金 携帯買取

闇金の携帯買取の手口

闇金の携帯買取について

闇金の携帯買取の手口についてご存じでしょうか。

 

今、闇金業者で携帯買取という巧みな誘い文句で被害に合う人が増えています。

 

yamikin-soudan

 

 

闇金の携帯買取がどのような手口か説明します。

 

まず、携帯電話を自分の代わりに契約してくれたら、その携帯代金の実費だけでなく手数料を払う、つまり高価買取をするという話を闇金業者が提案してきます。

 

一見うまい話に聞こえますが、その話を信じて、携帯電話を送っても、わずかなお金しかふりこまれません。契約者本人には、本体価格の支払が残り、携帯電話も闇金業者の連絡手段として広告に載せられ、莫大な通話料を契約をしている限り、払わされることになります。

 

 

携帯会社に連絡しても、携帯会社としては、契約をしっかりと結んでいるために携帯代金を払うよういわれるのみでどうしようもできません。

 

クーリングオフの対象にも、もちろんなりません。

 

 

また別のパターンで、広告などを見て、融資を申し込むと、あなた自身は信用情報機関に事故情報として記載されている。ブラックリストのため融資はできないが、携帯を数台契約して携帯申し込み契約書と、本人確認書のコピー、携帯電話の発送控えをFAXすれば、最初に1万円入金して、届き次第残りのお金を入金するというような連絡をしてくる場合もあります。

 

これも、信じて携帯を送っても、最初の1万円だけが入金されて、その後連絡はつくことがないというものです。

 

この場合も当然のように携帯会社に支払をする義務は生じます。

 

 

闇金業者から詐欺にあって関係ないと支払をせず放置しておくと、被害者だったはずなのに、携帯会社より支払をするよう勧告がきて、支払の遅延により他の携帯会社との契約もできなくなってしまうのです。

 

あなたは闇金の甘い誘いを受けたことにより、俗に言う「ブラックリスト」になってしまいます。

 

闇金からは、お金を借りない!

 

もしも、借りてしまったら早急に闇金に対応している司法書士・弁護士の闇金相談を利用し闇金の悩みを解決しましょう。