闇金 見分け方

闇金の見分け方

闇金の見分け方について

闇金だったのかどうかの見分け方など闇に隠れているのだから必要ないと考える方も多いと思われます。しかしながら、闇金はまったく闇には隠れておらず堂々と街中に広告を出している場合が多くあります。その中には、これが闇金なんだと思うものも多くあります。

 

yamikin-soudan

 

そもそも、闇金の定義は何なのか?

 

貸金業者のく無登録であったり所在地も不明。また、貸金業者へ登録されていたとしても違法な高金利であればもちろんヤミ金といえますし、厳しい取り立てや嫌がらせ、脅しなど違法な取り立てがあるというものです。まずは、金融庁のサイトから登録貸金業者情報検索入力ページで貸金業者の登録の有無を確認してみましょう。

 

画像をクリックすると金融庁の「登録貸金業者情報検索入力ページ」へジャンプします。

 

貸金業者情報検索ページ

 

 

さて、その見分け方ですが闇金側も馬鹿ではありません。例えば現在の上限金利は、元本が10万円未満の場合:年20%・元本が10万円以上100万円未満の場合:年18%・元本が100万円以上の場合:年15%、それを上回るような金利を出しているところは100%闇金ということが可能ですが、その数字を明確に出しているところはありません。

 

 

では、どのような形をとっているのでしょうか。一番最初の形式は「紹介屋」という形をとっています。それはお金を借りようと思ったところで審査でNGが出てしまって他のところなら借りれるといわれて借りてしまう場合です。

 

この場合は審査でNGが出てしまっているところもあり債務者が追い詰められているところを狙ったものといえます。そして次が「買取屋」という形式です。これはけっこうな方が街中でも広告を見る人もいると思いますが、「クレジットカード換金できます」に近い文章を見たことがある人もいるでしょう。

 

 

これもまさに闇金になります。これは、クレジットカードの換金ということでその場限りで終わるので軽い気持ちで手を出した人も多くいるようです。これも実質的にはかなり高い金利でお金を借りているのと同等のことをしています。

 

主な形式を二つ説明しましたが、基本的に闇金は追い詰められた人に貸したりや簡単にできる方法で貸すことで軽い気持ちで使ってもらうなのでやっている場合が多くあります。

 

それ以外にもありえない宣伝文を使っていた場合も怪しいです。「融資絶対に断りません」「ブラックの方歓迎」など書いてあったらほとんどの場合で闇金と判断して問題ありません。

 

闇金被害にあってしまったら直ちに専門家の闇金相談に問い合わせましょう。