闇金 相談 費用

闇金相談と解決費用

闇金相談と解決費用

闇金被害の解決費用

 

闇金相談から闇金被害の解決費用までわかりやすく解説します!

 

誰だって闇金になんて借りたくはないですよね。

 

自分は闇金なんかにお金を借りないと思っていても、生活費に困ったり、クレジットカードの支払い、携帯電話の通話料の振り込み日なのにお金が準備できないといった追い詰められた状態だと人は冷静な判断力を失います。

 

今日中にお金を用意しないといけないのに何の手立ても思い浮かばない、そんな時に「今すぐお金を貸せます」なんて広告をみて、闇金かどうかも考えず融資申し込みの電話してしまっても仕方がありません。

 

普段なら絶対に借りないようなちょっと怪しげな会社でも、切羽詰まっていると救世主に見えてしまうモノです。

 

ですが、こういった「即日融資できます」といった誰でもお金が借りられそうな広告の中に、闇金業者が潜んでいます。

 

闇金というのは違法な貸金業者のコトを指し、お金に困る人相手にお金を融資したうえで高額な利息を要求してきますから、闇金被害者のほとんどが元金も返せずなんとか利息を支払うことで手一杯という状況に陥ってしまい、長期間ヤミ金業者に法外な取立てに苦しむことにつながります。

 

さらに近頃は、闇金にあやまって申し込んでしまっただけで個人情報を知られ、本来払う必要のないお金を請求され、泣く泣く振り込みをさせられるといった手口も横行しています。

 

闇金からの取り立てというのは、住所や名前・携帯電話のほか、勤務先や両親、家族のことも知られていることが多く返済から逃げ出すことが困難です。

 

ふとした気の迷いから闇金に手を出したせいで、仕事先にまで取立て電話や嫌がらせのターゲットになり、仕事まで失う可能性すらあります。

 

闇金に悩まされているなら、一刻も早い解決をめざすべきでしょう。

 

闇金被害を解決するには、闇金問題に詳しい専門家に相談し解決を目指すのが一番です。

 

残念ながら闇金とのトラブルは相談だけでは解決が難しいため、最終的には弁護士や司法書士といった専門家のチカラを借りることとなりますが、解決にかかる費用についてもお教えします。

 

まずは闇金について無料相談をし、闇金から二度と連絡がこなくなる最終解決するまでわかりやすく説明していきますので、闇金被害にお悩みの方が平穏な暮らしを取り戻すために役立てられればさいわいです。

闇金即対応!
ウイズユー司法書士事務所

女性専用!
ヤミ金レスキュー

ヤミ金融対策
Duelパートナー法律事務所

0120-316-646

0120-143-035

0120-439-007

闇金被害の解決費用

 

闇金被害についてどのような種類があるのか説明していきます。

 

ここをお読みの方の中には、相手がまだ闇金か確信をされていない人もいるかもしれません。

 

もしあなたが悩まされている事柄があれば、闇金に狙われているんだと自覚できるんではないでしょうか。

 

闇金被害の解決費用

 

闇金被害のもっとも代表的なものが利息の高さでしょう。

 

まっとうな金融会社なら貸金業法で定められた利率の範囲内で融資の利率を守っています。

 

銀行や消費者金融、カードローンやキャッシングなら年利15〜20%以内と決まっていて、この利率を超えることはありません。

 

ただし闇金は正式な登録をしていませんし、そもそも法律を遵守する気なんて毛頭ないですから、法外な利息を要求してきます。

 

ヤミ金の利息はトサン(10日で3割)やトゴ(10日で5割)というように10日ごとに返済日があるコトが多く、年利で言えば1000%を超えることもザラ。

 

常識外の利息を要求してくるようなら、相手は確実に闇金です。

 

闇金だとわかりにくいよう、違法ラインすれすれの利息の貸付をする業者もいますから注意してください。

 

 

闇金の特徴として生活時間に関係なく取立て電話や嫌がらせの連絡をしてくることがあげられます。

 

借金督促の連絡にもルールがあるのを知っていますか?

  1. 正当な理由もないのに午後9時から午前8時の間に電話、FAX、訪問をしてくる
  2. 自宅以外(仕事先など)に連絡をしてくる
  3. 他社にお金を借りて返済しろと言う
  4. 張り紙や看板、批判チラシをして周囲に借金のことをバラす
  5. 退去の要請に応じない

上記のルールに反した請求の連絡があれば、違法な取り立てです。

 

金融会社が取り立てなどで連絡できる時間は貸金業法で禁止行為が定められています。

 

私生活や仕事の妨げになるような取り立ては禁じられているので、深夜や早朝などの非常識な時間や、自宅以外の連絡先に連絡することはできないんです。

 

闇金被害の解決費用

 

闇金業者に何回も借り入れ、返済を繰り返すと、銀行口座が凍結されたりあなた自身が犯罪者扱いされる危険性があります。

 

闇金に返済の際に教えられた銀行口座は、あなた以外の闇金被害者の口座かもしれません。

 

闇金業者は逮捕や口座凍結のリスクをおそれて、返済金の振込先として別の闇金被害者を教えることがありますが、それによって闇金被害者が知らないうちに他の被害者からみたら加害者側になっていることがあります。

 

あなたも闇金に融資を申し込んだ後に口座に振り込まれたら、実は闇金被害者が入金したなんて思わずに振り込み人は闇金関係者だと思いますよね。

 

闇金被害者が知らぬ間に加害者になっていたというのはよくある話なんです。

 

他にもスマートホンや携帯電話を言葉巧みに契約させ、契約したスマホや携帯を奪って転売する手口も増えています。

 

「スマホ契約してもってくれば審査を通過したと見なし貸し付けます、契約したスマホはうちで買取りますから通話料の請求もされません」などのウソをついて貸付を行うわけですね。

 

しかし携帯電話を第三者への譲渡目的で契約することは違法行為です。

 

携帯電話やスマートホンを闇金業者に手渡して携帯会社に詐欺行為だと訴えられてしまえば、闇金関係者とみなされ逮捕される可能性すらないとはいえません。

 

被害者の立場であっても闇金に騙されたと証明できなければ、書類送検をされることもありえます。

 

もちろん携帯電話やスマートホンを買い取った後に本体代や通話料を闇金業者が払うわけもなく、契約者に代金などが請求されて始めて被害者は騙されたと気がつくわけですね。

 

犯罪に巻き込まれた上に、高額の機種代金なども支払わされてしまう最悪の被害といえるでしょう。

 

当然のことながら、何も知らずに携帯キャリアに被害を訴えても、詐欺行為の関係者だとされ被害届を出されます。

 

書類送検されて前科がつかないためには、弁護士などに依頼して被害者だと証明するしかありません。

 

闇金被害の解決費用

 

闇金にお金や物品の受け渡しをしていなくても安心できません。

 

誰が聞いても言いがかりとしか思えないようなことを闇金業者は正当な主張だとして、お金を要求してきます。

 

たとえば闇金に申し込んでしまったけれど、融資直前に闇金業者だと気がついて融資を断ったとしましょう。

 

一般的な金融会社なら、融資を申し込んでも実際に貸付される前にキャンセルしたら何の請求もしてきませんが、闇金業者は振り込み手続きにはいったのでキャンセル料が必要になると請求してきます。

 

断ろうとしても闇金業者は申込時に書いた住所や氏名、勤務先や家族の連絡先といった情報を悪用し、お金を要求してくるわけですね。

 

これが銀行振込手数料程度ならともかく、キャンセル料なんて名目で数万円も要求してくるから質が悪いとしかいえません。

 

キャンセル料以外にも、事務手数料、新規登録料、メンバー登録費用、審査代金などなどさまざまな名前を付けて請求されたケースがありますが、融資もされていないのに理不尽にお金を請求されたら相手は闇金です。

 

まっとうな銀行やローン会社、キャッシング会社、クレジットカード会社や消費者金融は、貸金業法という定められたルールの中で営業しています。このルールの範疇に入らない貸金業者はすべて闇金だと考えてかまいません。闇金業者のなかには貸金業者として国に登録しているのに違法な営業をするものもいます。登録貸金業者だから安心というわけにはいきません。

 

あなたを苦しめているのが闇金だとわかったら、早めに弁護士や司法書士といった専門家への相談をオススメします。

 

ただ相談だけでは解決できないと前で説明したとおり、専門家に相談するだけでは解決にいたるのは難しいのが現実です。この後では闇金被害を相談してから解決するまでの流れを説明します。

闇金即対応!
ウイズユー司法書士事務所

女性専用!
ヤミ金レスキュー

ヤミ金融対策
Duelパートナー法律事務所

0120-316-646

0120-143-035

0120-439-007

闇金被害の解決費用

 

闇金相談から解決までの流れを簡単に示すと、下のようになります。

 

闇金相談の予約をする
闇金被害を専門家に相談する場合、予約が必要な場合も少なくありません。
とくに直接に面談をする窓口の場合は、予約をしないと担当が不在だったり、他の人が相談しているかもしれません。
闇金専門の相談窓口の中には予約不要の場合もあるので、できるだけ早くに相談したい場合は予約不要の相談窓口の利用がオススです。

↓ ↓ ↓ ↓

闇金に関わるモノを集めておく
闇金相談しようとしても、当日になったら頭が真っ白になって何を相談すればいいのか言葉が何もでなくなることがあります。
事前に闇金からどのような被害・嫌がらせをうけたのか、借り入れした額や時期、今まで返済した金額など闇金の相談に役立つ情報を事前にメモしておきましょう。
他にも相談時に手元にあると説明しやすくなる物を準備しておくと、闇金被害の相談の時間をムダにしません。

 

相談の際に準備しておきたい物

  • 闇金被害のメモ書き
  • 闇金以外からの借り入れ額
  • 闇金への振り込んだ際の利用明細
  • 銀行口座の通帳
  • 闇金に申し込んだきっかけになったモノ

(広告・チラシ・ダイレクトメール
 ネットで申し込んだ場合は申込をしたサイトアドレス
 闇金に知られている情報(両親・兄弟姉妹の連絡先、会社の連絡先など)

↓ ↓ ↓ ↓

闇金被害の相談
闇金被害を専門家に相談します。
事前に準備したメモなどを参考にまずは闇金被害について説明し、先方からの質問に答えてください。
闇金被害をうけている方の中には、複数の闇金へ返済しているのに相談時に闇金が1社だと誤魔化す人がいますが、相談時にはできるだけ隠し事をせずに相談してください。
へたにウソをついてしまうと、後から他にも闇金からの借り入れがあるなんて伝えにくい物ですから最初から全てを伝えるべきです。
恥ずかしいかもしれませんが、さらなる闇金被害を防ぐためには全ての借り入れについて伝えましょう。

↓ ↓ ↓ ↓

専門家に闇金解決を依頼する
闇金対応の弁護士や司法書士に解決を依頼します。
依頼後に被害者が直接闇金業者の対応をする必要はなくなりますから、闇金問題が解決されるまで待ちましょう。

↓ ↓ ↓ ↓

闇金被害の解決
闇金対応の専門家が迅速に行動を始めます。
闇金の解決実績の豊富な事務所なら、少しでも早い解決が被害者にとってどれほどの価値があるのかを熟知していますから、早ければ依頼当日にも闇金問題が解決します。

 

闇金解決の流れを紹介しましたが、闇金相談ってドコですればいいのかとお思いですよね。

 

闇金相談ができる場所については次項でご紹介します。

 

闇金被害の解決費用

 

闇金相談ができる場所を挙げてみます。

闇金についての相談先

法テラス

消費者センター

各県の弁護士会

日本司法書士会連合会

弁護士や司法書士事務所が開設している相談窓口

上記の相談所では闇金について相談できるとともに、弁護士や司法書士の紹介を受けることができます。

 

闇金被害の解決費用

 

注意したいのは、闇金相談はできる=闇金被害の解決できる専門家ということではありません。

 

例えば法テラスや消費者センタ-では無料で闇金について相談することができますが、実際に解決するには闇金解決ができる弁護士の紹介をうけて依頼する必要があります。

 

弁護士会や司法書士会(日本司法書士会連合会)では電話相談を受け付けていますが、電話相談は各相談センターの担当の弁護士や司法書士なので依頼自体は受け付けていません。

 

このような場合だと、最初に相談してから解決までに時間がかかってしまいます。

 

専門家に依頼してでも解決したいという人なら、闇金対応の弁護士・司法書士事務所に相談を持ちかけた方がスムーズです。

 

法テラスや消費者センターは相談件数も多く電話相談になかなか繋がらないという問題がありますし、弁護士会や司法書士会は相談センターによっては受付時間が短く、相談したいときにできないという話をよく聞きます。
知名度が高い相談所にありがちな問題ではありますが、闇金に強いストレスを観じながら何度電話しても繋がらない状況に陥ってしまったら、私なら心が折れてしまうかもしれません。

 

上記を見て闇金が犯罪なら警察に相談できないのと思ったかもしれません。

 

なぜ表に警察へ相談がないかは以下で説明したいと思います。

 

 

闇金被害の解決費用

 

警察には闇金の相談をする窓口はありません。なぜなら警察は相談するトコロではなくて闇金被害を訴えるために被害届を提出する場所です。

 

警察が闇金業者の逮捕に動くかどうかは事件性があるかが重要なポイントです。

 

闇金から直接殴られたり、家屋が傷つけられた、借金を返せなどの張り紙をされたといった迷惑行為があれば、通報をすることをためらう必要もないですが、最近は闇金からの連絡も巧妙になり、電話などで脅されただけではタダの金融トラブルと扱われるかもしれません。

 

確固たる証拠がなければ、民事不介入の警察は話を聞いてくれても注意勧告がせいぜいです。

 

闇金に電話などで注意しただけでは、たいていの闇金業者は手を引かず、嫌がらせや取立てが今よりも厳しくなることが考えられます。

 

警察に駆け込むなら、まずは闇金相談をして警察に訴えられるかを専門家の視点から判断してもらってからで遅くはないでしょう。

 

でも専門家に相談して解決を依頼すると、高額の依頼料金がかかりそうと不安になりますよね。

 

次項ではヤミ金の解決にかかる費用について説明します。

 

 

闇金被害を解決してくれるところと費用はコチラの表を参考にしてください。

 

闇金解決費用

弁護士 闇金業者1件あたり30,000円〜
司法書士 闇金業者1件あたり25,000円〜50,0000円
自力で解決 無料〜

 

闇金の解決には弁護士もしくは司法書士に依頼するのが基本です。

 

これは法テラスや消費者センター、闇金問題に詳しいNPOでも同様で、相談窓口を通して担当の弁護士や司法書士を紹介された後に、解決にむけて受任契約を交わします。

 

闇金被害の解決費用

 

専門家に解決を依頼するメリットをあげていきましょう。

  • 闇金被害についていつでも相談できる
  • 迅速な解決が期待できる
  • 闇金に支払っていたお金を取り戻せる
  • 二度と闇金からの連絡がこなくなる
  • 解決後に闇金対策のアドバイスをしてもらえる

ここをお読みの方の中には、最初は闇金解決に高いお金をかけず自力での解決法をさがしている方もいると思います。

 

でも上記のようなメリットがあるとしたら話は変わってきますよね。

 

そもそも闇金に借りたお金というのは返済義務がないことは裁判所でも判決が出ている事実です。ですが被害者個人が何をいっても闇金が話を聞いて反省するなんてありえませんし、素直に返金するなんて天地がひっくり返ってもないでしょう。

 

弁護士などの国家資格をもった専門家が間にはいることで、闇金への強制力を発揮してもらう意味を持ちます。

 

過去に自力で闇金解決をした経験者のブログを見たことがありますが、闇金からの嫌がらせのせいで仕事も失いながら戦い続けた記録が綴ってありました。闇金への返済しない姿勢は立派だと思いましたが、闇金被害者の何人がここまでのことができるかを考えたらと考えると、誰にでもでいることではないなといった感想をもちましたね。

 

ただ闇金の相談先から紹介されたからといって、かならず依頼をしないといけないという決まりはありません。

 

紹介された先の解決費用が上記の表より高ければ、さらに安く引き受けてくれる事務所を自力でさがしてもいいでしょう。

 

闇金被害の解決費用

 

ネットが普及しパソコンだけでなくスマートホンでもネットに繋がる時代ですから、闇金解決を引き受けている事務所もネットで簡単に見つけ出せます。

 

「闇金 解決」とグーグルやヤフーで検索すれば、闇金対応の事務所が見つかります。

 

闇金の解決実績の豊富な事務所がホームページをもっているだけでなく、口コミなどでも評価の高い事務所を紹介しているサイトも数多くみつかります。

 

闇金被害の解決費用

 

闇金の解決を依頼するのに電話やメールでは信用できないという方もおられるでしょう。

 

東京や大阪などの大都市に住んでいれば話は変わってきますが、地方では闇金対応の事務所をさがすのは困難です。

 

最寄りの事務所で闇金問題を解決してくれる事務所をさがすのなら、弁護士会や司法書士会に紹介を受けましょう。

 

弁護士会・司法書士会は各県にあり、弁護士や司法書士が県内で業務を行うなら必ず登録が必要な組織です。

 

あなたのお住まいの地域近辺で条件に合う事務所を紹介してくれます。

 

闇金被害の解決費用

 

実は闇金問題を取り扱う弁護士や司法書士は少数派で、最寄りの事務所に解決してもらおうとしても断られてしまうことがほとんど。

 

そもそも弁護士事務所や司法書士事務所は個人や家族、少人数でやっているような事務所がほとんどです。

 

このような小規模な事務所が闇金を扱おうとすると、専門家の事務所が嫌がらせをはじめとした闇金被害をうけるリスクが高く割に合いません。

 

弁護士や司法書士といえども仕事を離れれば、家庭を持つ父親や母親ですから、危険な橋はわたってくれないでしょう。

 

ただ生活が苦しく解決費用が出せないといった事情があるなら法テラスの利用をお勧めします。

 

闇金被害の解決費用

 

闇金の解決費用については事務所によって違いがありますが、闇金対応の事務所なら分割や後払いに対応していることがほとんどです。

 

闇金被害を解決できた場合、被害額相当を取り戻すことができるケースも多いですが闇金以外からも返済が多くて生活を維持できないなら公的支援を受けることも考えてください。

 

たとえば法テラスには所得による制限はありますが、弁護士への依頼費用の援助が受けられます。

 

他にも役所などで相談することで、生活をサポートしてくれる支援策の紹介をうけたり、実際に手続きを行うことができます。

 

食費や家賃にも事欠くようなら、一人でなんとかしようとせずに公的支援をうけるべきです。

 

闇金被害や借金問題を解決することを第一に考えるようにしてくださいね。

 

闇金被害の解決費用

 

闇金被害や解決費用についてまとめてみましたが参考になったでしょうか。

 

闇金というのは犯罪ですが、闇金を申し込んだ原因はあなた自身にもあることを認識しましょう。

 

たとえば多重債務に陥っていなければ、少しでも貯金をしていれば闇金に融資を申し込む必要はなかったんではないですか?

 

別にギャンブルやお酒といった楽しみをあきらめろという気はありません。ですが今後は何か問題がおきても多少の出費は支払えるぐらいの貯蓄は考えておいた方がいいと思いますよ。

 

再び闇金なんかに借りて、生活苦になるぐらいなら、ちょっと節制をしておくほうが苦しい思いをしなくて済みます。

 

闇金なんて。これからの人生に関わらないように暮らすのが一番ですから、また闇金に借金をしないように過ごすようにしてくださいね。