闇金 キャンセル料

闇金の融資を断ったらキャンセル料を支払えと言われた!

闇金 キャンセル料

電話で闇金の融資を断ったらキャンセル料を支払えと言われたら、あなたならどう対処しますか?どうしてもすぐにお金が必要なので、融資を頼もうと思って電話したが、考え直して融資を断るといきなり事務手数料とキャンセル料を払えだなんて理不尽極まりないですよね。

実際に闇金のキャンセル料のような手口は頻繁におこなわれており、厳しい取り立てによる詐欺被害にあわれている方は多いみたいです。闇金業者は様々な手口を使って、あなたから1円でも多くのお金をむしり取ることを考えています。

闇金のキャンセル料も数ある手口の一つです。闇金に一度でも個人情報を渡してしまうと、お金を借りないようにしていても融資の勧誘、押し貸しなど、さまざまな闇金被害にあう恐れがあるので注意が必要です。

闇金にキャンセル料を払わないとどうなるか

闇金と一度かかわりを持ってしまうと、一人の力では逃れるのは困難です。着信拒否をしても別の闇金業者から取り立ての電話がかかってくる、なんてこともあります。闇金に手をそめてしまうと蟻地獄にはまってしまったようなものです。そのままにしていると家族や職場にまで厳しい取り立ての矛先が向き、社会的にも信用を失い、結果的にあなたのことをだれも助けてくれなくなるかもしてません。

実はわたしも過去にギャンブルにより闇金からお金を借りたことがあります。そのときは審査なし、即日入金というフレーズにどうしても手が出てしまいました。

借りた金額が1社だけでまだ少なかったこともあり、ジャンプしながらもなんとか返済が終わり縁をきるはずでしたが、ある日連絡もしていないのに闇金業者からお金が振り込まれ、この押し貸しに対して「お金の融資は頼んでいない」と闇金に電話をすると、「では、キャンセル料を払え」とめちゃくちゃなことを言いだしたんです。そのあとは取り立ての電話を連日してくるようになりました。

誰かに相談したくても、過去にお金のトラブルで相談できる友人を失っていたわたしは誰に相談もできず、日々取り立てに怯える日々でした。

闇金キャンセル料による嫌がらせについて

闇金業者は様々な手口を使って、あなたから1円でも多くのお金をむしり取ることを考えています。闇金キャンセルに関しても数ある手口の一つです。闇金に一度でも個人情報を渡してしまうと、お金を借りないようにしていても融資の勧誘、押し貸しなど、さまざまな闇金被害にあう恐れがあるので注意が必要です。

闇金の申込みの際に、あなたの個人情報をおしえてしまったおしえてしまっている場合は、後に厳しい取り立ての電話や嫌がらせなど起こることが予想されますので注意しましょう。

あなたはこのような違法な闇金の嫌がらや厳しい取り立てにより悩んでいませんか?

  • 過剰な借金取り立ての電話が続き精神的に滅入って引きこもりになってしまった
  • 職場にも電話がかかってくるんじゃないかと毎日不安で寝れない
  • 闇金利用が会社や上司にバレてクビにならないか心配

闇金キャンセル料の被害にあってしまうと、過去に闇金を利用していたことがバレてしまうので身近な人に闇金の相談をすることもなかなかできませんよね。一人で悩みを抱えて日々、闇金から逃げる生活を考えるようになるかもしれません。

このままでは、普通の生活には戻れなくなってしまいます。四六時中闇金への返済のことばかりが頭に浮かび精神的にも追い詰められてしまうでしょう。

闇金業者の集客手口について

闇金のスタイルも年々変わり、次々と新しい手口を使い利用者を取り込んでいます。最近では堂々とサイトを運営しているソフト闇金もあるくらいですから驚きますよね。このようなソフト闇金はとても安心感があるサイトづくりをしていますが、闇金にかわりはありません。

近年では以下のような手口がふえています。

  • チラシ広告
  • SNS掲示板(ツイッター・LINE・個人間融資)
  • 闇金のホームページ
  • 携帯電話での勧誘(090金融)

これらの手口ですが、個人間融資を装ったスタイルが今多くなっていますね。ブラックOKや審査なし、即日の入金など魅力的な言葉を並べて利用者を増やしています。

チラシ広告

電柱や公衆電話、トイレなどに貼られているチラシで勧誘するという手口です。中には債務整理を手伝うという内容で、実際にはおこなってくれず手付金目当てということもあります。

SNS掲示板(ツイッター・LINE・個人間融資)

今一番増えている手口がSNSでの勧誘ですね。中でもTwitterや匿名掲示板サイトなどを利用した個人間融資は特に被害が増えています。一個人として借金に困っている人や、急なお金が必要になった方に向けて低金利でお金を貸しますよ、と名乗り実際には高金利で貸し付けをおこなうという手口です。

闇金のホームページ(ソフト闇金)

ホームページでソフト闇金と名乗り運営し、サイト上でお金を融資する手口です。とても闇金とは思えないクリーンで、安心感がある印象を与えらるサイトですが、やっていることは違法なヤミ金業者と何も変わりがありません。

携帯電話での勧誘(090金融)

本来は正規登録されている貸金業者は事務所の設立、固定電話の設置が義務付けられていますが090金融はそれらがない闇金業者です。警察の足がつかないようにするために携帯電話を活用しています。今では最もポピュラーな闇金の形態です。

 

わたしの知り合いが体験した話ですが、某掲示板サイトで個人間融資の投稿を見て借りてしまったそうです。やり取りをおこなうと女性の方に感じられたので、安心して必要だった10万円を借りたのですが、実際はその相手は闇金業者で、電話で脅され、夜の20時以降でも怒鳴るなど恐怖を感じる厳しい取り立てにあったそうです。

闇金問題が自分で解決できない時の相談窓口

違法な闇金の取り立てはあなた一人の力で解決することは残念ながら不可能です。闇金に手を出したことに後ろめたさを感じ、相談するにも中々行動にうつせないかと思います。ただそのままにしておくのは決していい判断とは言えないので、然るべき場所で相談することをおすすめします。

以下の場所では闇金のキャンセル料の悩みやトラブルに関する相談ができ、解決に導いてくれます。

  • 法テラス
  • 司法書士会(相談センター)
  • 弁護士
  • 司法書士
  • 消費者センター
  • 警察署

これらの相談先に相談することが闇金業者との関係に終止符をうつことができる手段です。警察があるのでは?と思うかもしれませんが、警察署では基本的に相談ができず、生活課に被害届けを出すことで相談できます。しかし、解決をしてくれるかと言われるとむずかしいですね。交番に関しては相談に乗ってもらえないので注意してください。

法テラス(日本司法支援センター)

借金や離婚、相続など法的なトラブル解決への道を作ってくれる総合案内所です。法テラスの支部は全国にありますのでお住まいの地域事務所で対応してもらえます。弁護士会や司法書士会などの情報紹介を無料でおこなってくれるので、闇金被害で悩まれている方にオススメできる相談所です。しかし、相談に行き着くまでに少し時間がかかってしまうことが考えられます。

弁護士

どこの弁護士でもよいという訳ではなく、闇金に強い弁護士でなければ意味がありません。弁護士の中には闇金の案件を取り扱わないところもあります。弁護士だって闇金業者からの報復などが怖いですから、解決の実績がある先生に相談しましょう。

司法書士会(相談センター)

司法書士会の支部は全国にあります。各都道府県で日本司法書士の総合相談センターが設けられているので、お住まいの地域で条件の希望にあった司法書士を探すことができます。

司法書士

弁護士と同じように、司法書士も闇金に強いということが第一条件です。司法書士という大きな括りの中でも、法務大臣から認定された、認定司法書士に相談するのがオススメです。ヤミ金というジャンルでいうと弁護士と比べ、司法書士の方が活躍しているという事実があります。

消費者センター

正式には消費生活センターで、ここでも闇金の相談に乗ってくれます。消費生活センターは闇金トラブルを解決する場ではなく、司法書士や弁護士を紹介してくれる場所です。司法書士、弁護士を紹介してもらうには相談会に参加しなければなりません。あと、紹介をされるので自分がイイと思える先生に相談できるとは限らないこともありますね。

警察署

警察署でも闇金の被害を相談することができます。しかし、警察署で相談するときには必ず被害届を出さなければ相談に応じてもらえません。また、被害にあっている証拠を揃えておかなくてはいけません。警察署は相談をしても場合によっては民事不介入により対応してもらえないことだってありますね。このように少し手間がかかるのと、必ず解決できるという保証がかなり低いため、闇金被害の解決にはあまりオススメではないかもしれません。

 

個人間融資で騙されて闇金被害にあった知人のその後ですが、お金もないので誰にも相談ができないと悩んでいた時に、偶然司法書士の先生と出会いました。その先生は親身に話を聞いてくれて、闇金被害の解決を請け負ってくれることになったそうです。おかげでその後はパッタリ闇金からの取り立てが止まったらしいですよ。

闇金の悩みを解決する流れ

闇金キャンセル料の取り立てからあなたが解放されるまでのながれをわかりやすく説明しますね。むずかしいことは何一つありません、なぜならあなたは相談をした時点で闇金業者から守られることが約束されているからです。

相談先について調べる

まずは相談先をみつけるところからです。法律の専門家で、かつ闇金トラブルに特化している、または詳しい先生に相談しなければ解決はむずかしいでしょう。

相談先が決まれば今おかれている自分の状況を細かく話してください。もしやりとりを録音しているデータなどもあればよりいいですね。

また初回時に支払う費用の相談と、被害を受けている闇金の数が多ければその事も相談しておきましょう。はじめにすべてを話て、どのようにするか決めておきましょう。

受任契約をかわす

受任契約をすることで自分は何もしなくても大丈夫です。相談内容を伝えおわったあとは契約を結びます。この受任契約をすることであなたは闇金の取り立てで悩むことがもうなくなります。なぜならこの契約をむすぶことで闇金はあなたに直接連絡をすることができなくなるからです。すべての対応は受任契約をおこなった先生がおこないます。

以上で闇金からの取り立てはもうなくなります。万が一、連絡をしてくるような闇金がいればすぐさま先生に連絡をしてください。ただその状況で取り立てをおこなう闇金はほとんどなく、それは法で裁くことができるためで、捕まることをおそれる闇金業者はすぐに取り立てをやめるでしょう。

和解・解決

受任契約後、先生が闇金との和解に応じます。相手をどのようにうまく和解に持ち込めるかで解決のスピードもかわってきますね。

依頼者へ解決の報告

闇金業者と話がまとまると、連絡がきます。案件にもよりますが、早ければ即日~3日後など早い段階で解決することが多いですね。

支払い開始

闇金との問題がすべてが解決したら費用の支払いとなります。あらかじめ決めた支払い方法で精算をしましょう。これであなたは闇金の恐怖から解放されます!

解決後のアフターフォローや他の借金相談(債務整理)は事前に相談するのがいいですね。解決後に同じ闇金から返済の電話が来た場合にもすぐ対処できるようにしておくのがいいでしょう。

闇金トラブルを解決してくれる事務所の選び方

相談するべき事務所を見極めるいくつかのポイントをまとめました。なんといってもまずは闇金トラブルの解決事例が多いこと、あなたの被害に対して親身に話を聞いてくれる先生であることが第一条件です。直接相談するときも、電話で相談するときもかわらずあなたの立場を理解してくれなければ、そこは相談するべきところではないかもしれません。

  • 初回相談費用0円
  • 費用を分割で対応してもらえる
  • 即日に解決

選ぶうえでこの3つのポイントはおさえておきたいです。ほかには後払いが可能な事務所もあったりするので、支払いが心配な方はこのような制度があると安心して頼むことができますね。もし1社以外に闇金トラブルがあればそれらも同時に解決してもらうようにしてください。後のばしにすると結局振り出しに戻ってしまうので注意しましょう。

闇金キャンセルを解決するために必要な費用

闇金キャンセルを解決するために必要な費用は以下のようになります。

相談費用 費用
法テラス 無料 無料
司法書士協会 無料 無料
弁護士 無料 1件 30,000円〜50,000円程度
司法書士 無料 1件 30,000円〜50,000円程度
消費者センター 無料 無料
警察署 無料 無料

 

闇金キャンセルを解決するには残念ながらタダというわけにはいきません。しかし、前途のポイントで紹介したように初回無料や後払いができる、分割で費用の精算ができます。闇金業者1社を解決するのにかかるのはおよそ3万円から5万円くらいが相場です。解決に必要な費用は最初に調べておくのがいいですね。警察署や法テラスなどの利用を考える場合は、直接解決ができないおそれがあり、解決までの時間もかかるということを覚えておいてください。

まとめ

違法な闇金キャンセル料は支払うと負けです。一度でも支払うことで闇金はあなたにつきまとうことをやめなくなるでしょう。

闇金キャンセル料の取り立てがなくなることで不安な気持ちはなくなり、人生が好転するきっかけになりますよ。

あなたも闇金トラブルを解決して安心できる生活を手に入れてください。

 

どうしてもお金に困ったらここ、社会福祉協議会にご相談を。