闇金

闇金の押し貸しと手口について

闇金 押し貸し

闇金の押し貸し被害が増加中!最近、闇金の押し貸し被害をよく聞きます。実際に被害も多いようなので闇金の押し貸しと手口について紹介しておきます。信じられない話ですが、闇金が勝手に数万円のお金を口座に振り込んで、その上法外な金利を要求して返済を迫るというものです。

基本的にはこういう押し貸しの被害者のほとんどが以前、闇金と何らかの取引があった方です。闇金にキャンセルしてお金を借りていなくても闇金に申し込みをしてしまったときにあなたの銀行口座情報や個人情報を渡してしまったためです。その原因は、闇金の情報もインターネットやSNSで拡散しており闇金の売上?が落ちてきたためと考えられます。

押し貸しの対処方法

闇金は個人情報を元にして口座に勝手にお金を振り込んできて、元利の返済を求めてきます。先ず事前予防策として、その時に利用していた銀行口座を解約し、出来れば携帯電話も新しい番号に変更すれば、知られているであろう個人情報を変更する事が出来ますので、押し貸しの被害にはあわないで済みます。

しかししつこい闇金は口座を解約しても色々な難癖を付けてお金を請求してくる場合も有ります。こういう場合には、個人で解決するのは難しいので、専門家に相談して解決するのが最善の策です。

闇金の押し貸し被害の解決方法

闇金被害を司法書士や弁護士に相談すると費用の面で気になりますが、市役所などで行われている無料相談会であれば費用の面も気にしないで済みますし、何より闇金におびえなくて済みますので、どのような形でも相談して解決する事を一番に考える事が重要です。

まとめ

闇金をまともな相手だと思わずに、出来る限りの最高の策で撃退することでしかおとなしくなりません。こちらが弱気だと思えば、どんな無理難題も吹っ掛けてくる場合も有りますので、毅然とした態度で相手に接することです。事前に口座を解約する等の措置を行っても押し貸しの被害に合われた場合は、専門家に相談することで解決出来る問題です。