闇金

闇金から勧誘電話が来たときの対処方法

闇金 勧誘電話

もし借りてもいない闇金から電話がかかってきたらどうする?多重債務や債務整理・自己破産の情報はスグにその道のプロに広まります。闇金からかかってきた電話の断り方教えます。

闇金からどうして電話がかかってくるの?

多重債務や債務整理・自己破産の個人情報はスグにその道のプロに広まります。

闇金はお金のない被害者を敏感に捜し当てるアンテナを持っているんです。

例えば自己破産をすると氏名や住所などが官報に載ることをご存じでしょうか? 官報は公開情報なので誰でも閲覧することが出来ますが、闇金は官報に載った自己破産者を狙って勧誘電話をしてきます。。

人間、自己破産したからって急に生活ランクはさげれません。自己破産後でお金がなく生活が苦しくても今の生活レベルを変えられず闇金の「ウチならお金を貸せますよ」の一言にコロッとなって借りちゃうんですね。

他にも闇金に貸付けをされている顧客データや不良債務者情報はリスト屋と呼ばれる業者に売られています。

闇金にお金を借りる人は消費者金融やクレカなどの返済に苦しんで闇金に手を出すので、基本的にお金がありません。

目先のお金に釣られてしまう人多く、闇金被害者というのは闇金業者にとっていいカモとなります。

リストは定期的に更新されているわけではないので、闇金解決して何年もたった後に勧誘電話がかかってくる理由です。

勧誘電話がかかってきたのなら、過去に闇金に知られた氏名や住所などが未だにどこかで売られているのかもしれませんね。

闇金から勧誘電話がきたときの対処方

闇金から勧誘の電話がきたらどう対応すればいいのでしょうか。まずは闇金かどうか貸金業の登録番号、会社名、代表者名、住所と電話番号、担当者の名前を聞いてみましょう。

貸金業を営む場合には国や県に登録が必要で、広告やホームページにも登録番号の記載が義務づけられています。

闇金ならとっさに言えませんし、答えたとしてもウソの番号ですね。だってホントは登録してないんですから。

ただ貸金業登録をしていても違法な金利で営業する闇金も存在するので、登録番号があるからと安易に信用してはいけません。ついでに利息も聞いてまともな貸金会社か判断しましょう。

借りる気がなければ丁重にお断りし、「今後、同様のご案内は遠慮します」答えるだけでかまいません。

特商法によって勧誘の規定が定められていて電話で一度断られた勧誘で再度勧誘電話をかけることは禁止されているので、会社名と電話番号を確認し「これ以上の勧誘は特商法違反で消費者センターに通報します」と断りましょう。

相手が闇金だとわかっていてもあくまで丁寧に対応しましょう。ヘンに強気で断ったり、逆に弱気で対処してしまえば闇金業者に目をつけられて余計な干渉をされることがあります。

何のトラブルもおこらずに闇金から二度と連絡がこなければ最上の結果ですんだと喜ぶべきでしょう。

まとめ

ヤミ金は違法なので関わらないことが一番!闇金は違法です。どうしても金を借りるなら有名な消費者金融にしましょう。

そして、多重債務で金をかりられないなら生活を改めることをオススメします。役所などの相談会に参加するなど相談先は多数ありますから遠慮なく相談すべきです。

もし食事にも事欠くほど生活に困窮してるなら生活保護や税金の一時免除など専門家に相談することで救済措置をうけることができます。

日本の生活支援のシステムは優秀ですし、衣食住さえ揃えば生活を改善して人生にリベンジもできます。

決して闇金なんていう安易な方法で生活を立て直そうなんて思わないようにしてくださいね。