闇金

闇金の押し貸し詐欺による被害が増加中!

闇金 押し貸し

借りた覚えのない借金の返済を電話で突然迫られたことはありませんか?銀行口座に入金されていなかったお金が電話の後に入金されていたなら違法な闇金による押し貸し詐欺を疑いましょう。もしそうなら早急に対処しないと危険です。

そもそも闇金の押し貸しとは

闇金による押し貸しは借りてもいないのに一方的にあなたの口座へ入金をした後に返済を求めてくる詐欺で強引な闇金の手口のことです。

先に返済を求めながら被害者の反応を見て口座に入金したり、ただ返済だけを要求してくるケースがあります。

闇金被害者って闇金以外にもクレカやローンの返済で多重債務に陥ってる場合が多く、常にどこからか返済を求められているから「返せ」と言われると「覚えてないけど借りたんだろうな」と思い込みがち。

自分の借金総額も覚えてないから疑わずに払って気づかないんです。

数万円の返済しろと脅されると、払ってしまえばトラブルに発展しないと思って泣き寝入りしてしまう被害者もいます。

また女性や老人は電話越しに怒鳴られるとパニックに陥ってしまい、つい「払います」って答えてしまう場合も。数万なら黙って払ってしまえばトラブルに発展しないと思って泣き寝入りしてしまうんですね。

闇金の押し貸し詐欺は弱者からムリヤリ搾取する卑怯な手段ですが、費用もかからず効果的だとして闇金業者が片手間のこづかい稼ぎにしているのが現実です。

闇金に押し貸しされる原因

でもなんで急に押し貸しに狙われたんでしょう。それには被害者側にも原因があるんです。

闇金の押し貸しに狙われる人の多くは過去に闇金や買い取り詐欺などの被害者です。

違法業者に申込の時に口座番号、連絡先や保証人を教えてしまったのがリストになって闇金業者の間で売買されていて、リストを買った業者に目をつけられたんですね。非合法のリストにあなたの名前が載っているのが押し貸しに狙われてしまった原因です。

あなた自身に心当たりがなくても、家族や知人に勝手に保証人として登録されていたり、オークションなどで取引したメールなどを悪用されてしまった可能性すらあります。

1度違法業者に氏名や住所といった個人情報が流れてしまうと、裏ルートで流通するリストから名前を消すのはほぼ消すのは不可能。

次に押し貸し詐欺をされたらどう対処すればいいのかお教えしましょう。

闇金に押し貸しされたときの対処方法

闇金に押し貸しされたら、以下の3つの対処方法をすぐに実行しましょう。

  • 銀行の口座凍結or解約
  • 弁護士、司法書士への相談
  • 警察への被害届け

まず銀行口座に不明な入金がないか確認して、銀行のお客様窓口(インフォメーションなど)に違法業者からの入金があるかもしれないと相談して、口座への入金処理をストップしてもらいましょう。

できれば口座凍結したうえで新規口座を開設し、給料の振り込みや公共料金の支払いなどの引き落とし先を新規口座に移した後に解約しておくと安全です。ただし水道代やガス代、電気代といった公共料金の引き落とし口座の変更には時間がかかるので、先に他の対策を進めてください。

さらに弁護士や司法書士に闇金の押し貸しを相談します。闇金対策の効果的なアドバイスがあれば対処しやすくなりますよね。

最後に警察への被害届けを出しておきましょう。実害がないうからと警察に何も言わないままでいると万が一闇金業者との関与が疑われたときに事情を聞かれる可能性があります。

あなたには何の非もないんですから、警察に行くのにためらう必要なんてありません。弁護士や司法書士に相談した際に警察署での対応方法を聞いておくと慌てずにすみますよ。

闇金からすでに口座に入金されていたら

銀行口座を見たら入金先不明のお金が振り込まれていたら対処に困ってしまいますよね。

闇金からのお金だから使ってしまっては後から言いがかりをつけられそうだんし、かといって闇金業者も押し貸しで振り込んだお金をただ受け取るわけもないく「利息分も支払え」と言ってくるでしょう。

こんな時は供託制度を利用することが出来ます。供託金制度は金銭や有価証券などを国家機関である供託所に管理を任せることができる制度です。弁護士事務所や司法書士事務所に聞けば教えてくれます。

まとめ

闇金から押し貸し被害にあった方の共通点にはブラックでもOK!や即日融資など甘い勧誘手口で連絡してしまう人が多いようです。多重債務でお金が回らなくなれば借金を借金で返す借金地獄にハマります。お金を返さなくても命までは取られないので借金の相談を法律の専門家にするのもよいと思います。

銀行口座を解約するのは闇金に強引な方法で貸付けをされない効果的な方法ですが、闇金からの連絡がまたいつかかってくるか分かりません。

引っ越しをしたり携帯番号を変更してしまえば、闇金が持つリストは何の役にもたたなくなります。

闇金に関わると日常生活もままならないほどの迷惑行為がつづいてしまうので、闇金による押し貸し詐欺が回避できても気を抜くことなく、二度と連絡が来ないようにきちんと対策をしておきたいですね。

もし既に闇金被害に遭っていたら、押し貸し詐欺だけじゃなく闇金問題全体を解決するようにしてしまいましょう。